2022年5月28日土曜日

髪の勉強

昨日の続き。さいとうなおきさんのYOU TUBEを見ながら髪の情報をインプット。

調整が面倒くさいツインテールなどの長い髪を、線ではなく
最初から色で描くというのが画期的です。目から鱗だ。
これでミクさんの髪も苦労せずに描ける!

【メモ】
・簡単に髪を線で描いたら色を乗せると後で印象が崩れなく、やり直しを抑えられる

・前髪
 性格表現
 短い:明るく素直、長い:ミステリアス

・横髪:
 アクセント、変化、小顔化
 短い:ボーイッシュ、長い:女性的魅力
 耳隠し:内気。前髪でデコ隠しと組み合わせれもっと内向的な表現になる?

・後ろ髪
 短い:ボーイッシュ・さわやか、長い:女性的魅力

・後れ毛
 重たさすぎない、軽さ表現できる

・ツインテール
 線ではなく最初から色で作ってから、線を乗せる

・カール
 ふわっとした柔らかさ。ペラペラの紙をイメージして表と裏を考えて書く




2022年5月27日金曜日

同人作品作り開始

面白いかも!と思って作るストーリーは数日寝かせると
結局ありきたりでつまらない話であることに気づき、
没にすること6話・・・。

7話目でようやく作品として行けるかも?というものが思いついたので
1次創作の同人作品作りを開始しました。
手始めにヒロインのキャラ作りを行おうとしましたが・・・分からん!
まず髪型が分からない。

今まで既存のキャラを見ながら描いていただけなので、
自分で創造するとなるとベースとなる知識が無いため
まともなキャラが描けない!

そんなわけで、さいとうなおきさんのYOUTUBEを見て髪型の知識をインプット。

以前動画を見た時は、何となく理解した気になっていましたが、
実際に手を動かして模写してみると理解が深まります。



2022年5月23日月曜日

練習絵2022/5/10~5/17

過去よりも理解が進んでいる。
ということは、上達していると言える。

・今日の気づき
足を伸ばした状態だと尻肉によって尻穴が見えない。
太ももを上げていくと尻肉が引っ張られて尻穴が見えてくる。
と思う。多分。

こういう小さな気づき・構造の理解の積み重ねの先に、
絵の上達が形となって現れるのだろうと考える。










2022年5月15日日曜日

練習絵2022/5/3~5/9

過去に学んだセオリーを一度忘れて素直に上手い人の教えに従う。
アタリも扱いに慣れてきた。








2022年5月10日火曜日

練習絵2022/4/28~5/2

アタリを使いこなせるようになるまで練習。
簡単なアタリを3次元的に描けないようでは、
もっと複雑な人体を説得力をもって3次元的に描けるはずがない。
なるべく簡略化されたものから複雑なものに肉付けしていくことを意識する。

練習絵2022/4/28~5/2







2022年5月6日金曜日

同人作品制作が苦痛になった原因と対策を考える

同人作品を最後に作ったのが2014年。
なぜ作品制作が苦痛になったのか?
同じことを繰り返さないために原因と対策を考える。

【原因】
ラフ~線画作成までの時間がかかり過ぎて、次の絵を描こうとする気力が
削がれることが主な原因。絵を描く心理的なハードルが上がっていた。

なぜ時間がかかり過ぎたのか?
→ラフ(といっても簡単なアタリ)~線画を曲線ツールを使用して
 チマチマ線をいじって線画化していたため。
 この工程が非常につまらなく苦痛だった。

→なぜ曲線ツールによる線画化がつまらないのか?
 ・単純に時間がかかるから。
 ・いくら曲線ツールを使っても自身の絵の技術力向上が感じられない一方で
  何となく見栄えの良い線画が仕上がってしまうから。
 ・実力以上の線画ができてしまい、自身の絵の能力とのギャップに苦しむから。
  (資料を見ずに描こうとしても描けない。)

【対策】
・ラフを手早く描けるように定型的なアタリを使用する。
・人体を簡略化して理解する。
・ラフの時点である程度完成形に近づけるようにする。
・曲線ツールは使わず、線画を短時間で終わらせる技術を習得する。
・絵を描くハードルを下げる。楽しいと思うまでのサイクルを短くする。
・上手い人のラフは、ラフの時点で既に上手い。目指すのはそこ。

【具体的なアクション】
・簡略化されたアタリを使いこなせるようにする。
・上手い絵からアタリを抽出して分析・理解する。


練習絵2022/4/24~4/27
アタリの練習








2022年5月5日木曜日

戻って来れればヨシ

練習絵2022/3/5~3/7、3/26
美術解剖の勉強。

2022年3月・4月は私生活が忙しくて絵をサボりましたが、
もはや全く気にはしません。
7年間の空白に比べれば1~2ヶ月なんて誤差の範囲。
サボった罪悪感でやる気を無くす方が問題あり。
やる気を完全に無くさずに戻って来れればそれでヨシ。